Skip to content →

Mobile Act Nagoya #2 で LT してきました


Mobile Act Nagoya #1 から 2 ヶ月。昨日 9/30 に無事 #2 を開催することができました。勉強会の準備から当日の進行など、運営って大変だな〜というのと楽しいな〜というのを感じながら頑張ってます。

さて、僕も LT しました。発売されたばかりの iPhone 7 シリーズのカメラとその API の話です。発表時には僕の予約した Jet Black は出荷準備中でしたが、発表後に無事出荷案内がきました。来週には届きそう!楽しみ😆

今回、資料作成に前回の Keynote ファイルを流用しようとしたらファイルが壊れてしまっていて、テンプレート部分まで作り直しか〜😭ってなっていたときに、ふと前回発表されていた方のスライドのことを思い出しました。

それが Slideck というウェブサービスで、Markdown で書いたものを GitHub のリポジトリか Gist に置いておけば、それを参照してスライド形式にレンダリングしてくれるという優れもの。これ、ゆーすけべー氏が作ってるんですね。

これだー!ってすぐに Markdown で書いてプレビューしてを繰り返しながら完成させてみたんですが、どうしても気になる点が二つ。

  • タイトルのアルファベットがアッパーケースになってしまう。
  • ウェブアクセスが必須なので、トラブルで発表時にネットワーク繋がらなかったらどうしようという不安。

これを同僚に話したら Marp という Electron 製の Markdown 👉 スライド変換ツールを教えてもらいました。こちらは最終的に PDF でレンダリングできるので上記のような不安もなく、しかもそこそこ綺麗なデザインなのが素晴らしい。下記の開発裏話もとっても面白かったです。

それと両方で嬉しかったのが、コードを載せた時に Markdown の時と同等のシンタックスハイライトが効く点です。Keynote だと Hightlight みたいなツールを使えば一応できるんですが、ちょっと面倒なので。

そして最も素晴らしいのが Markdown で書けるということ!最高ですね。Markdown でサクッと資料作って、サクッと LT しましょう!

Published in iOS Mobile App Photo/Video Programming

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA