Skip to content →

Slow Shutter Cam というアプリの日本語ローカライズをしました


SlowShutterCam

ひょんなことがきっかけで Slow Shutter Cam というアプリの日本語ローカライズをしました。4月末頃に日本語ローカライズが終わったのですが、その後の日本での売り上げも好調のようで嬉しいです。そしてちょうど今 6/23 までの期間限定セール中なので、もしよろしければお布施してあげてください。セール効果もあって 6/16 あたりに日本の App Store の有料アプリ総合ランキングで 25 位まで上昇したようです!

実は私自身もまったく同じコンセプトの Slow Shutter というアプリを iOS 3 の時代にリリースしています。icon

現時点では類似コンセプトのアプリは検索すると大量に出てくるのですが、当時はこのアプリが初(だったと思います)でそれなりに注目もしていただけました。

その後、iOS 6 までは追従してアップデートも行っていたのですが、だんだん開発に時間を割くことが難しくなり、 iOS 7 のフラットデザイン化を機にストップしてしまいました。

このアプリのリリース後に少し経過してから Slow Shutter Cam が現れました。とてもコンセプトが似ていたので、勝手にライバル視したりもしていたのですが、こちらはインターフェースも画像処理のアルゴリズムもどんどん改善されていき、現時点で最も素晴らしいスローシャッターアプリになっています。

そして今年に入ってからこのアプリの開発元の Cogitap Software さんから連絡をいただきました。最初は全く別の話だったのですが、色々会話を進めるうちに「日本語ローカライズを頼めないか?」という依頼を受けました。私なら専門用語も適切に翻訳してくれると期待してくれたようです。正直なところ英語は得意ではないのですが、上記のとおりこのアプリは素晴らしく、私自身も気に入っていたので、応援する意味も込めて引き受けることにしました。

やはり僕の力不足でいい感じな翻訳ができなかった箇所もいくつかあったのが心残りですが、日本人にはとっつきやすくなったのではないかなと思います。その成果も確実に出ているようですし!

セールも本日(6/23)が最終日です。これを機会にぜひダウンロードしてみてください!

Published in iOS Programming

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA